キムチとチーズの油揚げに包み焼き
スポンサーリンク

キムチを使用した料理

aburaage

キムチとチーズの油揚げに包み焼き

だけどもたまには、変わったキムチ料理が食べたい時にオススメ!

油揚げの中に、白菜キムチとチーズを中に入れて、香ばしく焼いた料理です。

チーズが入っている為、とても香ばしくお酒のおつまみとしても良いかと思います。

調理時間:15 分量:人分

食材の旬
🥦白菜                11月~3月

🌱マークには食材の説明や使用した食材のリンクが付いていますのでご覧下さい。

材料
🌱油揚げ(メモ2)              2枚
🌱白菜キムチ(メモ4)          150g
🌱チーズ                    50g

作り方

 先にキムチとチーズをボールで合わせます(メモ2

ti-zu

チーズとキムチを混ぜ合わせる

 油揚げは半分に切り、中を開き(メモ3)、で合わせたキムチチーズを中に入れます。

hanbun

半分に切る

kimutinoti-zu

キムチとチーズ

 中身が外に出ない様に、つまようじで止めます。

tumayouzi

つまようじで止めます

 160℃に余熱をしたオーブンで5分焼き目が焼きます。

o-bun

160℃の5分オーブンで焼く

yakiirogatukumade

焼き色が付くまで

 裏返して、反対側も同様に160℃で5分焼きます。

uramenmodouyouni

裏面も同様に160℃で5分焼く

yakiiro

焼き色が付くまで

 半分に切り、盛り付けたら完成です。

aburaage

キムチとチーズの油揚げに包み焼き

レシピのメモ

📖メモ1 油揚げの油が気になる場合は油抜きし方がよい

油揚げは、意外と油っぽいです。

その為、油が気になる場合は、一旦油揚げに熱湯をかけて油を抜く事をオススメ致します。

📖メモ2 キムチの白菜が大きい場合は刻む

食感を残す為に、今回は白菜をそのまま使用していますが、刻んだ方が中に入れやすいですし、

チーズの感じを、より残す事が出来ます。

📖メモ3 油揚げの口を開く時は、キッチンペーパーで一旦油を吸い取ると開きやすい

油揚げの口をそのまま開こうとすると、破れやすいです。

その為、一旦キッチンペーパーなので、油揚げをギュッとしぼると、中の余分な油が外に出て、

口が開きやすくなります。

📖メモ4 今回使用したキムチはコチラ👇

このキムチのみならず、キムチならどれでも使用できます。ご参考下さい。

wahuukimuti

和風キムチ550g

.【備後漬物】和風キムチ 600g×6パック【要冷蔵】【クール便】[他商品同梱不可][HF]

スポンサーリンク

よろしければお友達登録して頂けると嬉しいです。 (通知がうるさい場合は通知オフにしてくださいね)

友だち追加

応援クリックして頂けると日々の更新の励みになります。 1日1回で構いません。よろしくお願い致します。

あなたにオススメの関連記事

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事