Kitchen Infosite

食材の魅力と知識の共有サイト

アスパラガスとチーズのガトー仕立て

961 views
約4分

誕生日におすすめ!アスパラガスとチーズのガトー仕立て

見た目がおしゃれなこの料理ですが、意外と手間がかかるので、普段のお料理としてはおススメできませんのでご注意下さい。ですが、大切な人に作ってあげるととても喜ばれるレシピですのでぜひ。

用途

下準備:30分

調理:60分

所要時間:90分

分量:2人分

材料

アスパラガス:2本

トマト:1/4個

☆クリームチーズ:40g

☆生クリーム:50g

☆塩:少々

オリーブオイル(セルクル用):少々

下ゆで用

水:2000㏄

塩:20㏄

盛り付け用

オリーブオイル:少々

塩:少々

セルフィーユ:少々

ブラックペッパー:少々

作り方

1. 最初にアスパラガスを塩ゆでします。(詳しいアスパラガスの塩ゆでの仕方はコチラ

2. トマトもアスパラガスを塩ゆでしたお湯で塩ゆでします。

3. アスパラガスとトマトを流水で冷やします。

4. トマトは1㎝位の角切りにし、リードペーパーなどで、水気を取ります。

5. アスパラガスも水気を切り、セルクルと同じ幅で切ります。

6. 切ったアスパラガスは、半分に切り、セルクルの下にラップを敷きます。セルクルの内側にオリーブオイルを塗ってから、切った断面が外側に向く様にして並べます。

7. クリームチーズと生クリームを合わせて、よく混ざます。

8. セルクルの一番下に、7で合わせたクリーム。次に水気をよく切ったトマトを乗せます。

9. 最後に再び、クリームを乗せ、下に敷いて置いたラップでフタをし、冷蔵庫で1時間位冷やします。

  1. 冷蔵庫で冷やしている間に、バルサミコソースを作ります。☆(バルサミコ酢はちみつ)の材料を合わせて、火にかけます。

  1. ゴムベラを使って、ソースが底に付かない様にして、絶えずかき混ぜます。

  1. 下の写真の様に、底が少し半透明になるまで煮詰めたら、火を止めて冷やします。

  1. 冷やしたソースを、スプーンを使用して、器に飾りつけ、器ごと冷蔵庫で冷やし、ソースが流れないようにします。

  1. 冷蔵庫から取り出し、9で冷やして置いたガトーを盛り付け、上に、8で残して置いたトマトを乗せ、セルフィーユを飾ります。そして、ソースの間に、オリーブオイルを数滴垂らしたら、完成です。

ポイント

取り出す時は、おたまが便利

サッと湯がく

長い時間トマトをゆがいてしまうと、トマト全体に火が入ってしまうので、長くても5秒位つけると良いです。(数による)

リード

水気をリードペーパーで切ると、何枚も紙が必要なので、もったいないです。タオルで水気を取ると、紙を無駄にしないのでタオルやふきんがおススメです。

セルクル型

今回の料理だけではなく、デザートを作る際にも使えて、とても便利な調理器具です。大きさにも様々あるので用途に合わせて使用すると良いです。

オリーブオイル

オリーブオイルを塗っていない場合、アスパラを立てて置いても、崩れてしまう場合があります。オリーブオイルを先に塗っておくこと、アスパラが倒れずに、セルクル型から簡単に取り出せます。

ゴムベラ

100円ショップなどのゴムベラは、高温に対応していない場合が多いです。溶けてしまい、衛星的にもあまりよくありません。

上記のゴムベラは少し高いですが、熱対応していますので、オススメです。

煮詰め過ぎない

僕も最初の1回目は煮詰めてしまい、失敗してしまいました。下記の写真まで、煮詰めてしまうと、冷えた時にアメ状になります。ソースではなくアメになり、後の洗い物をするのも大変です。

別バージョン

バルサミコソースは、確かに見た目を良くしてくれますが、手間がかかります。下記に写真の様に、バルサミコ酢とオリーブオイルを数滴垂らし、塩とブラックペッパーを振っても綺麗に仕上がります。

プロフィール

cocoro
おかずキッチンは、
お手軽で簡単に美味しくできるレシピと、
食材の魅力や知識を共有する情報サイトです。

投稿

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Feedly
Send to LINE