簡単・定番・オススメ:豚丼
スポンサーリンク

定番料理のアレンジ料理

北海帯広産の甘辛いタレをまぶして焼く豚丼とは異なり、2003年の牛肉のBSE問題の代替え料理として全国チェーンに誕生したのが、全国的に馴染みのある豚丼です。

その豚丼は、合わせた調味料で煮た豚肉をご飯の上に乗せた料理です。

つゆだくが好きな人、つゆだくが嫌いな人両方に大きく分かれる豚丼でもあります。

私は、ご飯がベチャベチャになるのががあまり好きではありません。

しかし、あのつゆのうま味も味わいたい!

それを実現する為に、水溶き片栗粉で閉じました。

結果、つゆのうま味を残したまま、ご飯がベチャベチャにならない豚丼が出来ましたので、ご紹介致します。

用途まとめ

🍚コース       メインのおかず

🍾下準備            15分
🥘調理             10分
所要時間           25分

👫分量             4人分
食材毎の旬
🍖豚肉             周年

材料

🌱豚肉                300g
🌱玉ねぎ                 1個
🌱☆濃口                  360g
🌱☆酒                   180g
🌱☆砂糖                  130g

水溶き片栗粉 

🌱★水                      40g
🌱★片栗粉                20g

盛り付け用

🌱卵の黄身         4個(1人1個)
🌱刻みネギ               少々

🌱マークには食材の説明や使用した食材のリンクが付いていますのでご覧下さい。

作り方

 ☆(濃口・酒・砂糖)を大きめの鍋に入れ火にかけます。(メモ1)

 沸騰させ、酒に含まれるアルコール分を飛ばします。(メモ2)アルコール分が飛んだら、火を止めて冷まします。

 玉ねぎをくし切りにします。

 豚肉を食べやすい大きさに切ります。

 ★(水・片栗粉)を合わせて、水溶き片栗粉を作っておきます。

 冷めたに豚肉と玉ねぎを入れ、火にかけます。

 沸騰し、全体に火が通ったら、火を止めてから(メモ3)(メモ4)、で合わせた水溶き片栗粉を入れ、とろみをつけます。

 写真の様なとろみが付いた状態になれば、完成です。

 器にご飯を盛り、つゆを封じ込めた豚肉を乗せ、お好みで、卵の黄身とネギを盛り付けたら完成です。

レシピのメモ

📖メモ1 小さい鍋だと沸騰した時に溢れでてしまう

では小さい鍋に調味料を合わせていますが、の様な小さい鍋だと、下記の写真の様に溢れでてしまいます。

その為、片付けも大変になり、調味料も無駄にしてします。

📖メモ2 アルコールの確認はチャッカマンの火を近づけてみる

アルコール分が含まれている場合は、チャッカマンなどで火を近づけると、炎が上がります。(写真は別の料理を作った際の写真です。)

炎が上がらない場合は、アルコールが飛んでいる証拠です。

しかし、今回の様に調味料が少ない場合は、すぐにアルコールが飛ぶ為、確認は不要かと思います。

チャッカマンを使用して炎を出す際は、周りに燃える物が無い事を確認し、火の元に十分お気をつけ下さい!

📖メモ3 水溶き片栗粉を入れる際は、混ぜながら少しずつ入れると良い

水溶き片栗粉を一度にドバっと入れてしまうと、とろみが付いた場所と付いていない場所が分かれてしまう場合があります。

その為、混ぜながら入れる事によって、均等にする事が出来ます。

また、火を止めて少しずつ入れる事によって、とろみが付きすぎてしまう事を防ぐ事が出来ます。

📖メモ4 合わせた水溶き片栗粉は、自然に沈殿するもの

時間が経つと、水溶き片栗粉は自然に下の方に沈殿し、分離します。

その為、水溶き片栗粉を使用する場合は、再度、沈殿している片栗粉と水を合わせる事によって、水溶き片栗粉に戻す事が出来ます。

スポンサーリンク

よろしければお友達登録して頂けると嬉しいです。 (通知がうるさい場合は通知オフにしてくださいね)

友だち追加

応援クリックして頂けると日々の更新の励みになります。 1日1回で構いません。よろしくお願い致します。

あなたにオススメの関連記事

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事