豚肉ともやしのネギ塩炒め
スポンサーリンク

5月も旬の食材を使用した料理

butanikuto

豚肉ともやしのネギ塩炒め

安くて、ボリュームも増やす事が出来る『もやし』ですが、豚肉と共に炒めると、立派なご飯のお供になります。

ただ、炒めるのではなく、ネギ塩炒めにする事で、より美味しくする事が出来ますので、オススメです。

調理時間:15 分量:人分

食材毎の旬
🥦もやし                周年
🍖豚肉                 周年

材料
🌱豚肉の小間切れ           200g
🌱もやし               1袋
🌱刻みネギ             30g
🌱☆鶏ガラスープ          小1
🌱☆酒               大2
🌱ごま油              大1
🌱塩・胡椒               少々

作り方

 豚肉の小間切れ肉を、食べやすい大きさに切ります。☆の調味料メモ1を先にボールに混ぜ合わせておきます。※豚バラスライスなどを使用する場合も切ります。

butaniku

豚肉は食べやすい大きさに切ります

☆の調味料を先に合わせておきます(メモ1

 フライパンにごま油をしき、で切った豚肉を炒めていきます。

huraipan

フライパンにごま油をひき、豚肉の両面を焼きます

 豚肉の両面が焼けたら、水で洗ったもやしを入れ炒めていき、しんなりとしたらで合わせた☆の調味料(酒・鶏ガラスープ)・塩・胡椒を入れ、水分が飛ぶまで炒めていきます。(メモ2

moyasi

豚肉が炒まったら、水で洗ったもやしを入れます(メモ2

tyoumiryou

もやしがしんなりしたら、で合わせた調味料を入れます

 水分が飛んだら火を止め、刻みネギを入れ、ざっくり混ぜます。

suibun

水分が飛んだら、火を止め、ネギを入れ、混ぜます

 盛り付けたら、完成です。

kansei

豚肉ともやしのネギ塩炒め

レシピのメモ

📖メモ1 調味料は先に溶かして置いた方が楽

料理の途中で加えても良いですが、粉系の調味料は水分と共に、溶かしておいた方が、火を使う段階でとても楽になります。

その為、調味料は先に炒めておく事をオススメ致します。

※塩・胡椒は直接食材に振りかけた方が味が付きやすい為、今回は、鶏ガラスープと酒のみです。

📖メモ2 きちんと水分を飛ばさないとべちゃくちゃな料理になります。

塩には食材の水分を飛ばす、『脱水作用』がある為、思った以上に水分が出てきます。

全てを飛ばす必要はありませんが、90%位飛ばした方が美味しく仕上げる事が出来ます。

応援クリックして頂けると日々の更新の励みになります。
1日1回で構いません。よろしくお願い致します。

関連レシピ

スポンサーリンク

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事