スポンサーリンク

野菜の下処理はやはり重要

大根の煮物などをするときに、美味しくする為にとても重要になってくる大根の下処理。

やはり、大根の煮物をする際は、柔らかくて、味の染みた大根が食べたい物です。

大根の下処理の方法を、お米を使ってする基本のやり方がありますので、ご紹介致します。

用途まとめ

🍚コース         野菜の下処理

所要時間           15分

材料

🌱大根              用途による

下ゆで用

🌱水               2000㏄
🌱お米(メモ1)           少々

作り方

 大根は用途によって、大きさを切ります。(手順からは、〇に切った大根で進めていきます。)

〇に切った大根

4等分に切った大根

 鍋に大根・水・米を入れ強火にかけます。(メモ1

 沸騰したら中火にします。

 竹くしや爪楊枝などで、大根を刺してみてス~と通れば水で冷やします。(メモ2

 柔らかくなったら、流水で冷やして、下処理が完成です。

 用途に合わせて、料理を作ります。

たまには食べたい:アラ煮

冬に一度は食べたい:ふろふき大根

レシピのメモ

📖メモ1 米はアクを取り除く為に入れる
下処理する時に一緒に米を入れると、アクをより取り除く事が出来ます。

本来は生米が良いですが、生米はもったいないので、炊いた米でも問題ありません

写真は炊いた米を使用しています。

炊いたお米を使用

 

📖メモ2 ここできちんと火を通して置く事が大事
味を付ける時に火を通そうと思っても、中々火が入らず柔らかくなりません

ここできちんと火を通して置く事が大事です。

スポンサーリンク







ざこばの朝市で新鮮なグルメ食材を手に入れよう!


Yahoo!ニュースでも取り上げられた話題のお取寄せグルメショップです!

創業80年の歴史を受け継ぐ鰆の西京漬けやかに、いくら、鰻など様々な魚介商品を格安で取り扱う「ざこばの朝市!

離れて暮らすご両親へのプレゼントや、普段の食卓、骨なしの魚はお子様にも喜んでもらえる。

そして共働きで忙しい時にも、今が旬の新鮮な魚料理がいつでも食べられる!

取り扱う魚は専門の仲卸人が厳選して目利きしていますから、安心して食べることが出来ますよ。

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでフォローしよう