Kitchen Infosite

食材の魅力と知識の共有サイト

ローストビーフ

221 views
約4分
ローストビーフ

ローストビーフ とは

クリスマスやお正月のおせち料理などで食べられることの多いローストビーフ。牛の塊肉をオーブンで蒸し焼きにし、薄切りにスライスした料理です。一般的にグレイビーソース(肉汁を使って作ったソース)をかけて食べます。牛肉の部位は脂肪分の少ない赤身の肉であるモモ肉が定番です。

ローストビーフレシピ

フライパンだけで作れるローストビーフのレシピです。

材料(4人分)
・牛ももブロック 400g
 ※冷蔵庫から出して常温に戻しておく
・塩 5g(小さじ1)
・黒こしょう 2~3g (小さじ1/2)
・オリーブオイル 大さじ1

1.牛肉に塩,胡椒をすりこみ、10分間おく。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、中火~強火で牛もも肉の表面を焼き、全面に焼き色を付ける。
3.弱火にして回しながら約10分間焼き、フライパンから取り出す。
4.取り出した肉をアルミホイルで包み、1時間余熱で休ませる。
5.アルミホイルから牛肉を出し、薄く切ったら完成。

ビーフ レシピ 炊飯器

炊飯器の保温モードの温度は、約60度~約75度が一般的です。炊飯器を使えば低温調理ができます。

材料 (4人分)
・牛ももブロック 400g
・塩 5g(小さじ1)
・黒こしょう2~ 3g (小さじ1/2)
・オリーブオイル 大さじ1
(にんにくはお好みで入れてください)

1.牛肉に塩,胡椒(にんにく)をすりこみ、10分間おく。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、全面に焼き色を付ける。
3.焼き色が付いたら取り出し粗熱を取る。
4.牛肉をジップロックに入れ空気をしっかり抜く。
(水の中に入れて空気を抜く又は、ストローで空気を吸うなどして)
5.炊飯器に牛肉が浸るくらいにお湯(70℃)を入れ、30分保温モードにする。
6.とりだして30分ほど休ませたら完成。

ローストビーフソース

ローストビーフソース3選を紹介します。
定番のグレービーソースですが、グレイビー(gravy)とは英語で「肉汁」という意味です。肉を焼いた後の肉汁を使って作るソースです。

基本のグレービーソース
1.フライパンに残った肉汁に、白ワイン1/2カップを入れ強火で煮詰める
2.バター10g、ふるった小麦粉(大さじ1)を入れ、とろみをつける
3.少量のお湯で溶かしたコンソメ(キューブ1/2)を入れる
4.味を見て薄ければ塩を足して完成

赤ワインソース
1.赤ワイン1/2カップを入れ強火で煮詰める
2.しょうゆ小さじ2、砂糖小さじ2を加えなじませる
3.バター10gを入れて完成

醤油ソース
1.玉ねぎ(1/4個)、にんにく (1片)をすりおろす※チューブでもOK
2.醤油(大さじ1)、みりん(大さじ1)、酒(大さじ2)に、すりおろし玉ねぎ、すりおろしにんにく(またはチューブ小さじ1)を加え、ひと煮立ちさせたら完成
お好みでわさびを入れても美味しいです。

ローストビーフ 値段

3~4人分(400g前後)のローストビーフの値段は3,000円~4,000円から販売されています。生の牛肉から作る場合、 牛ももかたまり肉は100gは500円前後からで購入できます。

ローストビーフ(専用ソース付)冷凍
カナダビーフとは大自然が育んだカナダの牛肉は世界で愛されるプレミアムビーフです。ローストビーフ用 牛肉に最適。ご家族の大切なイベントでぜひご利用くださいませ。

投稿

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Feedly
Send to LINE