スポンサーリンク

魚のアラの下処理方法は?

スーパーなどで、安く手に入る事の多い魚のアラですが、食べやすい大きさに切られていない事もあります。

その場合は、自分で包丁を使って、食べやすい大きさにしなければならない場合があります。(鮮魚コーナーに頼むと、やって頂ける場合もあります。

「アラ煮」にする際には、ぜひ知っておいて頂きたい料理方法なので、ご紹介致します。

今回はワカナと呼ばれる魚を使用しています。

このワカナは、地域によって呼び名が異なり、「ツバス」「イナダ」「ワカナゴ「ワカシ」などと呼ばれています。

用途まとめ

🍚コース           基本の技術
所要時間            15分

材料

🌱魚のアラ           用途による

下ゆで用

🌱水               2000㏄
🌱塩               20g

作り方

 先に鍋に水と塩を入れて、火にかけます。

 魚の頭は、⇒の所から真っすぐに包丁で切ります。

 魚の口ばしを切ったら、⇒から真っすぐに、切ります。

 これが、で切った状態です。

 魚の頭を真っすぐに切れば、魚の頭の切りつけは完了です。(メモ1)

ワカナの頭は、だいたい6~7㎝位

 

 魚のエラの部分は、写真の様に包丁の刃元を使って切ります。(メモ2)

 魚の中骨は、背びれを切り、半分に切ります。(メモ3)

 鍋が沸騰したら、で切ったアラを入れ、5秒~10秒位霜降りします。

 5秒~10秒位霜降りしたら、流水で冷まします。

10 流水で魚のアラが冷めたら、⇒に付いている血合いを取り、魚のアラの下処理は完成です。

11 用途に合わせて、アラ煮を作っていきます。

レシピのメモ

📖メモ1 魚が大きい場合は別の方法もある

1.包丁で魚の頭を切ります

2.頭が半分になったら写真の様に半分に切ります

3.⇒の口ばしを切り、あごの部分も切っていきます

4.完成した状態です。

📖メモ2 手を切らない様に気を付けて下さい!

写真には手がありませんが、包丁を持っていない手で魚を支える必要があります。

その際に、手を切らない様に十分に気を付けて下さい。

📖メモ3 〇の部分は骨の関節の為、関節を切ると楽

関節を包丁で切ると、とても楽に、あまり力を入れなくても、骨を切る事が出来ます。

スポンサーリンク

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事