スポンサーリンク

用途が多数で便利な飾り付け

 

日本料理などで、料理の上に盛り付けられている、白ネギを薄く切った白髪ネギ。

あるとないとでは、料理が全く違った印象になり、あると料理がより華やかになります。

しかし、やはり細く切る為には、それなりの包丁の技術は必要になってくるのが、料理の世界です。

ですが、一度出来る様になるとより料理が楽しくなりますので、ぜひチャレンジして頂きたいです。

用途まとめ

🍚コース        料理の彩り技術

所要時間           10分

材料

🌱白ネギ    5㎝1本で1人前位(メモ3)

作り方

 白ネギを約5㎝位の幅に切ります。

 5㎝に切った長ネギを半分に切り、外側と芯に分けます。

 長ネギの外側の部分(メモ1)を広げ⇐の方向になるべく薄く切っていきます。

 で切った白ネギ(青い部分や、芯も入れるとより綺麗)を水に10分位さらします。(メモ2)

 10分位さらした白ネギの水気を良く切ったら、完成です。(メモ3

 用途によって盛り付けをします。

たまには食べたい:アラ煮

レシピのメモ

📖メモ1 丸くなりやすい場合は水で濡らすと良い
長ネギは元々丸い為、半分に切っても、丸く元に戻りやすいです。

戻ってしまう場合は、一度水に濡らすと戻りにくくなります。

📖メモ2 水にさらす事によって、シャキッとする
さらし過ぎも良くなりませんが、水に10分位さらす事によって、シャキッとして盛り付けた時に綺麗になります。

📖メモ3 正直、小口切りの方が普段の料理には使いやすい
白髪ネギの切り方をご紹介して、小口切りの方が良い理由は、普段ご家庭で料理する場合は、時間に限りがある為です。

小口切りの方が、時間もかからず、なおかつ十分に料理に花を持たせてくれます。

より綺麗に料理を盛り付けたい場合や、時間に余裕がある場合にお試し頂けたらと思います。

スポンサーリンク







ざこばの朝市で新鮮なグルメ食材を手に入れよう!


Yahoo!ニュースでも取り上げられた話題のお取寄せグルメショップです!

創業80年の歴史を受け継ぐ鰆の西京漬けやかに、いくら、鰻など様々な魚介商品を格安で取り扱う「ざこばの朝市!

離れて暮らすご両親へのプレゼントや、普段の食卓、骨なしの魚はお子様にも喜んでもらえる。

そして共働きで忙しい時にも、今が旬の新鮮な魚料理がいつでも食べられる!

取り扱う魚は専門の仲卸人が厳選して目利きしていますから、安心して食べることが出来ますよ。

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでフォローしよう