春菊と人参とえのきの豚肉巻き
この濃さが品質の証です!完全無添加『野草酵素原液 越後の龍』

春菊と人参の豚肉巻きのレシピ/作り方

お弁当にも役に立つ、中に野菜を巻いた肉巻き。

食べ応えもあり、ご飯のお供としてもオススメです。

今回は、3月も旬の食材である、春菊に、彩り野菜として、中に人参とえのきと巻いて、仕上げました。

また、前回の「春菊のごまポン酢」では、春菊の苦みをあえて無くしました。

しかし、今回は、茎と葉を一緒に炒める為、春菊本来の苦みの良さを残した料理になっています。

各種のコツなども、記載していますので、日々の料理のお役に立てて頂けると嬉しいです。

用途まとめ

  • 下準備:15分
  • 調理:10分
  • 所要時間:25分
  • 分量:4人分

食材毎の旬

材料

  • 豚ロース肉:200g(8枚)
  • 春菊 :40g
  • 人参 :1/3本
  • えのき:1/4本
  • ☆水:100㏄
  • ☆濃口:大2
  • ☆砂糖:大2
  • ☆オイスターソース:大2
  • ☆味の素:少々
  • ☆七味唐辛子:少々
  • ★塩こしょう:少々
  • 薄力粉:少々
サンスター 粉末青汁

作り方

1豚肉の両面に、★(塩こしょう)を振り、15分位置いて、下味を付けます。

2春菊えのき人参それぞれを、豚肉の幅に合わせて、切ります。

3豚肉に薄力粉をまぶし、重ねます。(コツ1)

4薄力粉をまぶした豚肉に、春菊えのき人参を乗せ、手前から巻いていきます。

5☆の調味料を合わせておきます。(コツ2)

6フライパンに、サラダ油を敷き、豚肉のつなぎ目を下にして炒めていきます。(コツ3)

7豚肉のつなぎ目が焼けたら、全体を転がしながら炒めていきます。

8全体が焼けたら、 5で合わせた調味料を入れ、すぐにフタを閉めて、蒸し焼き状態にします。(コツ4

9調味料が少なくなってきて、全体に調味料が絡んでいたら、完成です。

10中まで火が通っている事を確認し、食べやすい大きさに切り、器に盛り付けたら完成です。

スロージューサーのプロモデル最新型

作る際のポイント

コツ1:重ねて巻いていくのは、豚肉の大きさによる

今回は、メインのおかずの為に、食べ応えのある様に、豚肉を重ねて巻きましたが、豚肉が大きい場合は、重ねなくても大丈夫です。

しかし、大きめに巻いて置く事によって、お弁当などに入れた時に、見栄えも良くなります。

コツ2:調味料が少ないと、中の野菜に火が通らない事がある

私も一度失敗してしまいましたが、調味料が少ないと、蒸し焼き状態にしても、中の野菜まで、火が通りません。

その為、調味料に水を加えて、量を多くし、蒸し焼き状態にしても、中まで、火が通る様にしてあります。

また、濃口醤油は、煮詰めたら煮詰めた分だけ、辛くなっていくので、注意が必要です。

コツ3:つなぎ目を先に焼く事によって、バラバラになるのを防ぐ

肉巻きで重要なのは、いかにして崩れない様にして焼いていくかが、ポイントです。

下記の写真にある様に、先につなぎ目を焼く事によって、薄力粉の働きによって豚肉同士がくっつき、バラバラになるのを防ぐ事が出来ます。

コツ4:途中にフタを開け、転がす

フタをして、完成状態まで放置したとしても、全体に味が乗りません。

下記の写真の様に、完成までの途中に肉を、転がしたり、上下反対にする事によって、全体に味が乗る様になります。

楽天デリバリー
おすすめ情報