トマトと卵のピリ辛中華炒め
スポンサーリンク

5月も旬の食材を使用した料理

tomatototamagonotyuukaitame

トマトと卵のピリ辛中華炒め

トマトは炒める事によってジューシーに仕上がる優れた食材でもあります。

また、多少手間はかかるものの、皮を湯剥きする事によって、より一層美味しく仕上げる事が出来ますので、ご参考下さい。

調理時間:20 分量:人分

食材毎の旬
🍅トマト                                           5月~9月
盛り付け用
🌱パセリ缶                   適量

各🌱マークには食材の説明や使用した食材のリンクが付いていますのでご覧下さい。

材料
🌱トマト                       2個(250g)
🌱溶き卵                                 2個
🌱☆ゴマ油                      小2
🌱☆にんにく(チューブ)                 小1
🌱☆豆板醤                      小1
🌱★濃口                    小2
🌱★塩・胡椒                         少々
🌱水溶き片栗粉                  適量

作り方

 鍋にお湯を沸かし、トマトの皮しの湯剥きをします。(メモ1

nettounitoosi

熱湯に10秒位遠し

tometonoyumuki

氷水に取り

tometonoyumuki

皮を剥きます(トマトの湯向き)

 トマトのへたを切り、大きめのくし切りにします。

hetawokiru

ヘタを切り

tomatokusikiri

大きめのくし切りにする(4等分)

 フライパンに☆の調味料(ごま油・豆板醤・にんにく)を入れ、弱火で炒めていきます。

toubanzyan

☆の調味料をで香りが出るまで弱火で

ninnninku

沸々としたら混ぜる

 が香りが出てきたら、溶き卵を加え、写真の様にして半熟状で閉じ込めます。

tokitamago

溶き卵を入れ周りが沸々としたら

tamago

箸で上に寄せ

tamagohanzyuku

半熟のままひっくり返します

 すぐに切ったトマトを入れ混ぜます。

tomatonoyumuki

湯剥きしたトマトを入れ

tomatogakuzurerumade

トマトがくずれるまで炒める

 トマトが潰れて柔らかくなったら、★の調味料(濃口・塩・胡椒)を加えサッと混ぜ、水溶き片栗粉でトマトの水分にとろみをつけます(メモ2

koikutisyouyu

★の調味料を加えサッと炒める

mizutokikatakuriko

水溶き片栗粉でとろみを付け

toromikansei

サッと全体を混ぜたら完成!

 器に盛り付け、上に乾燥パセリを振ったら、完成です。

tomatototamagonopirikaraitame

トマトと卵のピリ辛中華風炒め

レシピのメモ

📖メモ1 皮があると食感が悪くなる為、湯剥きをする

トマトの皮が残っている状態で炒めてしまうと、食べる時に皮が邪魔して食感が悪くなってしまいます。

手間がかかりますが、皮を先に取り除いておく事によって食べやすくなります。

📖メモ2 とろみを付ける事によって、食べやすくする

トマトには多くの水分が含まれている為、とろみを付けなかった場合はべちゃべちゃの料理になってしまいます。

その為、水溶き片栗粉でとろみを付ける事をオススメ致します。

スポンサーリンク

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事