鶏肉の部位別表

ムネ

胸周辺の肉を取り除いて整えた部位です。

脂肪が少なく、淡泊な味わいがあり、柔らかい為、幅広い料理に使用する事ができます。

加熱するとパサつきやすい為、ゆっくりと火を入れていく調理法がオススメです。

ササミ

両胸の内側に沿って左右に1本ずつ付いている部位です。

脂肪が付きにくく、鶏肉の中で最も柔らかい特徴があります。

加熱するとパサつきやすいですが、揚げ物や蒸し物にしたりと様々な料理法があります。

手羽元

胸肉から翼の根元の部分の部位です。

もも肉に比べて、脂肪が少なく柔らかい特徴があります。

手羽中

手羽先の先端を取り除いた部位です。

動かす事の多い部分の為、肉質が締まっており、旨味も強い特徴があります。

手羽先

翼の先端の部位です。

肉量は少ないですが、ゼラチン質や脂肪を多く含む特徴があります。

よい出しが取れる為、スープの材料としても適しています。

砂肝

食べ物をすり潰して食べる歯のない鳥類特有の器官です。

味にクセがなく、コリコリとした食感が特徴的です。

レバー

肝臓の部分です。

牛や豚のレバー同様に、ビタミンや鉄分が豊富に含んでいます。

クセがあまりない為、焼いても煮ても食べやすいです。

モモ

鶏肉の足のももの部分です。

スジがある為、やや硬めな部分もありますが、全体的に脂肪が程よく付いています。

焼いたり煮たりと様々な料理に使う事が出来、骨周辺には旨味が豊富にある為、骨付きの料理にも適しています。

ぽんじり

しっぽにあたる部位です。

1羽からわずかしか取れない希少部位です。

よく動かす筋肉の為、旨味が強い特徴があります。

まとめ

価格が他の肉に比べて、安い為調理する際には非常に助かる鶏肉です。

また、各部分の特徴を知っておく事で、焼き肉店に行って注文する際に、より美味しく楽しむ事が出来るかもしれません。