つくしの炊き込みご飯
売上アップを目指すなら楽天市場へのお申込みはこちら

つくしと油あげの炊き込みご飯のレシピ/作り方

春の訪れを教えてくれる山菜である「つくし

様々な所に、生えている山菜で、0円で収穫する事が出来ます。

そんなつくしも、食べる事が出来、炊き込みご飯や、煮物にすると美味しいです。

しかし、きちんとした下処理をしないと、美味しく出来ない為、意外と手間がかかります。

使う分だけ、収穫して使用した方が手間を少なく出来る為、料理を行う際には、使用する分だけ収穫する事をオススメ致します。

ページの下の部分には、計量している写真もご用意していますので、参考にして下さい。

用途まとめ

  • 下準備:120分

※つくしを水につけて置く時間を含みます。

  • 調理:60分

※ご飯の蒸らし時間を含みます。

  • 所要時間:180分
  • 分量:4人分

食材毎の旬

材料

  • つくし(コツ1):75g
  • 油揚げ:2枚
  • しらす:30g
  • 米:1.5合
  • ☆水:200㏄
  • ★酒:大4
  • ★薄口:大1
  • ★塩:少々
  • ★味の素:少々

下ゆで用

  • 水:1000㏄
  • □塩:小2
  • □酢:大1

【盛り付け用】

  • 三つ葉(コツ2):1束

(三つ葉の詳しいゆで方はコチラ

プロの料理人のマンツーマンレッスン!【RIZAP COOK】

作り方

1①の黒い部分を取り、②のはかまを取り、③の様にして、つくしをきれいにします。

2手でつくしの頭の部分と軸の部分を分けます。(コツ3)

3鍋につくしの下ゆで用の□(塩酢)を入れ、沸騰させます。

41分位グラグラとつくしを茹でます。(コツ4)

5つくしをザルにあげ、流水で冷やします。

6⇦の矢印にある様に、少しの水を出し、そのまま1時間以上、水でさらします。(コツ5

7油揚げ2枚を重ね、1㎝間隔で切ります。

8米をとぎ、先に★(酒薄口塩味の素)を入れてから、水入れ、目盛りを1.5に合わせます。(コツ6)

9油揚げ⇨つくし⇨しらすの順に具を乗せて、いつもご家庭で炊いている様に、スイッチを入れます。

10炊いている間に三つ葉を塩ゆでします。(コツ2)(詳しい三つ葉のゆで方はコチラ

11ご飯が炊けたら、10分位程、蒸らし、底の方から混ぜます。

12お茶碗に盛り、三つ葉を添えたら完成です。

ネットショップ出店案内【楽天市場】お申込みはこちら

作る際のポイント

コツ1:だいたいお茶わん1杯位の量

コツ2:三つ葉の葉っぱや木の芽を使用しても良い

塩ゆでをした三つ葉は綺麗ですが、三つ葉の葉っぱや木の芽を乗せても、春らしく綺麗です。

コツ3:手が黒くなるのでご注意

手が黒くなる場合がありますが、きちんと手洗いをすれば取る事が出来ます。

コツ4:サッとゆでるだけではダメ

つくしには、強いアクがある為、1分位茹でてアクを取ります。

しかし、茹ですぎると、つくしが柔らかくなり過ぎて、

炊いた時に、つくしの姿が潰れている事がありますので、注意が必要です。

コツ5:さらす事によってさらにアクを取り除く

茹でるだけでは、アクは全てぬけない為、水の力でアクを取り除きます。

しかし、時間がかかる為、1時間位さらします。

途中に、水全体を変えてあげるのも良いです。

コツ6:先に水を入れてしまうと調整が難しい

先に水を入れてしまうと、調味料を入れた際に、万が一多く水が入っていた場合、味の調整が難しくなってきます。

先に調味料を入れて置いた方が、目盛りを合わせやすいという点もあります。

一流料理人があなたの劇的な料理上達にコミット!【RIZAP COOK】
おすすめ情報