シーチキンを使用した和風ツナチャーハン【簡単写真付きレシピ・作り方】

tuna
和風ツナチャーハン
ご飯のおかず

シーチキンを使用した料理

tuna

和風ツナチャーハン

チャーハンは基本的に炒めながら、調味料を足していき、強火で炒め水分を飛ばし、パラパラにしていきます。

その為、時間との勝負です。

ですが、先にボールで合わせて置く事によって、時間を短縮し、ご家庭でもパラパラチャーハン(メモ1)にしやすくります。

調理時間:15 分量:人分

食材毎の旬
🥦ネギ           11月~2月

材料
🌱解凍した白ご飯(メモ1)      2人分
🌱☆シーチキン               1缶(70g)
🌱☆白ごま                         適量
🌱☆出しの素                        小1
🌱☆味の素                         少々
🌱☆塩                           少々
🌱ごま油                          大1
🌱刻みネギ                         適量

作り方

 シーチキン缶のフタを少し開けて、油を切り、ボールに炊いたご飯、油を切ったシーチキン、☆の調味料(白ごま・出しの素・味の素・塩)を入れ、ざっくりメモ2と混ぜ合わます。メモ3

hosino

シーチキンの油を切り、炊いた白ご飯と☆の調味料を入れ

zakkuri

ざっくりと混ぜますメモ2)(メモ3

 フライパンにごま油をしき、で混ぜたご飯を強火で炒めていきます。

huraipamn

フライパンにごま油をしき

parapara

で合わせたご飯を強火で炒めていきます

 炒まってきたら、火を止め、濃口醤油・刻みネギを入れ、全体を混ぜます。

negi

パラパラになってきたら、火を止め、濃口と刻みネギを入れ全体を混ぜます

 茶碗に入れ、形を整え、器に盛り付けたら完成です。

utuwa

茶碗に入れ、形を整え。器に盛り付けたら完成です。

レシピのメモ

📖メモ1 使用するご飯は、冷ご飯をレンジで温めたご飯あるいは、冷凍ご飯をレンジで半解凍したのが良い

パラパラチャーハンを作る上で、大切なのが、なるべくご飯の水分を飛ばす事です。

炊き終わった後のご飯は、水分を豊富に含んでいます。※チャーハン専用に水分を少なくして炊いている場合は別です。

通常の分量でご飯を炊いている場合は、一旦冷ます事によって、水分を飛ばす事が出来ます。また、冷凍する事によってご、ご飯はより水分を飛ばす事が出来ます。

ただし、冷凍したお米は全解凍するとモチっとしたご飯になりやすいので、半解凍で、多少凍っていた方が炒めた時に水分が飛びやすいです。

📖メモ2 ご飯は混ぜすぎると、粘り気が出て、パラパラにしにくくなる

ご飯に含まれる、デンプン質は混ぜれば混ぜるほど、粘り気が強くなってきます。

その為、ざっくりと混ぜる事によって、デンプンの粘り気の発生を最小限に抑える事が出来、よりパラパラにしやすくなります。

📖メモ3 炒めずとも、混ぜご飯としても良い

炒めずとも、のボールの中に水分が飛んだご飯ではなく、炊いたご飯と刻みネギを入れ混ぜ合わせ、おにぎりにしても良いです。

刻みネギは、炊いた白ご飯の熱で火が入ります。

関連レシピ

sa-bisu