この濃さが品質の証です!完全無添加『野草酵素原液 越後の龍』

ワカナのアラ煮のレシピ/作り方

たまには、魚のアラ煮が食べたくなる日もある

ブリに成長する前の、子供であり、体長約30㎝以下の魚の事です。

私が住んでいる島根県では、「ワカナ」と呼びますが、地域によって、呼び名は異なり

  • 関東⇒ワカシ
  • 関西⇒ツバス・ワカナ
  • 北陸⇒コズクラ
  • 三陸⇒フクラギ・フクラゲ
  • 和歌山⇒イナダ・ツバス・イナラ
  • 島根⇒ワカナ・ツバス・ショウジンゴ
  • 高知⇒ワカナ・ゴモジャコ
  • 九州⇒ワカナ・ゴヤズ

などと呼ばれています。

スーパーなどでは、安く売られている事がある為、オススメな料理です。

また、材料の☆マークにある調味料の分量は、ワカナ以外の魚のアラ煮にも対応出来る為、覚えておくととても便利です。

用途まとめ

  • コース:メインのおかず
  • 下準備:25分
  • 調理:25分
  • 所要時間:50分
  • 分量:6人分

食材毎の旬

材料

  • わかな:3匹分
  • 大根:1本(大きければ1/2本)
  • 長ネギ:1/2本
  • ☆水:540cc
  • ☆酒:270cc
  • ☆砂糖:大1
  • ☆味醂:50cc
  • ☆濃口:75㏄
  • ☆味の素:少々
サンスター 粉末青汁

作り方

1わかなを霜降りする為に、鍋に水と塩を入れ火にかけます。霜降りが終わったら、水にさらして血合いを取ります。(詳しい魚のアラの掃除の仕方はコチラをご覧ください)

鍋に塩を入れて火にかける

わかなを霜降りする

2大根は皮を剥いて、4等分に切り、ゆがいて柔らかくしておきます。(詳しい大根の湯がき方につきましてはコチラをご覧ください)

大根を切る(コツ1)

柔らかくなるまで

3鍋に、 1と2で下処理しておいたわかなのアラと、大根を入れ、☆(水、酒、砂糖、味醂、濃口、味の素)の調味料を入れて火にかけます。(コツ2)

4沸騰してきたら、アクが出てくるので、きちんと取ります。

5アクを取ったら、落し蓋をしてさらに、20分位火にかけて味を含ませていきます。

落し蓋をする

6 5で落し蓋をしている間に、白髪ねぎを作ります。(コツ3)(詳しい白髪ねぎの作り方はコチラをご覧下さい。)

切った長ネギは水にさらすと良い

7途中落し蓋を開け、状態を確かめ、汁気が無くなりそうになるまで煮ていきます。

汁気が無くなりそうになるまで

8汁気がなくなってきたら、火を止めます。

火を止める

9器にわかなのアラと、大根を盛り付け、上に長ネギの白髪ねぎを乗せたら完成です。

スロージューサーのプロモデル最新型

作る際のポイント

コツ1大根の大きさは用途によって変える

今回は、大根を大きめに切っていますが、小さいのがお好きな場合は小さく、大きいのがお好きな場合は、大きく切るなど、用途に合わせて切って頂けると良いかと思います。

コツ2大根はなるべく鍋の下に敷いて、上にアラ煮を置いた方が良い

落し蓋を置いて、煮ていっても上の方は味が入りづらい場合があります。

下記の写真を参考にして頂けたらと思います。

上にあった大根

下にあった大根

コツ3白髪ねぎは無くても良い

今回は、見た目を良くする為に、白髪ねぎを作りましたが、無くても大丈夫です。

また、アラ煮を火にかけている間は、手が空くので、別の料理を作る事をオススメ致します。

楽天デリバリー
おすすめ情報