Kitchen Infosite

食材の魅力と知識の共有サイト

トリュフ トリフ とりゅふ とりふ 値段 相場や旬の情報まとめ

14109 views
約20分

トリュフ,トリフ,とりゅふ,とりふとは

世界3大珍味、キャビア、フォアグラの1つです。地面の下にできるきのこです。発生量がとても少なく、見つけるのも極めて難しいそうです。希少価値が高く、高級食材とされています。見た目はゴツゴツとしていますが、独特で魅力的な香りが特徴的です。食材に香りを移して、食べるのもトリュフの楽しみ方です。フランスからイタリアの石灰岩地帯で、ナラやヘーゼルナッツの木の林に繁殖します。人口栽培できないため、「食卓のダイヤモンド」と言われるほど高価な食材です。土の下にあるので、訓練した雌のや、嗅覚が優れているがトリュフの香りで探し出すことは有名です。

トリュフ トリフ とりゅふ とりふの特性

セイヨウショウロタケ科 セイヨウショウロタケ属

トリュフ トリフ とりゅふ とりふの学名

Tuber melenosporum

トリュフ トリフ とりゅふ とりふ 英語

truffle

トリュフ トリフ とりゅふ とりふ ドイツ語

Truffel

トリュフ トリフ とりゅふ とりふ フランス語

truffe

トリュフ トリフ とりゅふ とりふの別名

西洋しょうろ

トリュフ トリフ とりゅふ とりふの大きさ

数cm~10数cmほど

トリュフ トリフ とりゅふ とりふの色

黒~褐色

トリュフ トリフ とりゅふ とりふの品質

フランス・ペリゴール地方で産出されるものが最も良質で、ペリゴール・トリュフと分類されるほどです。

トリュフ トリフ とりゅふ とりふの成分

特有の香り成分は、α-アンドロステロールです。

トリュフ トリフ とりゅふ とりふの調理

香りが命

特に脂肪との相性がよく、芳香を付けて味を引き立たせる効果があります。使う際は、ぬるま湯に浸して表面についている土を除いたあと、水ですすいで乾燥させてから調理します。スープ、ソース、サラダやパスタなどに用いられます。

白トリュフ トリフ しろとりゅふ しろとりふとは

白トリュフの産地で有名なのは、北イタリアにあるアルバという街の近郊に広がる緩やかな丘陵地帯。
黒トリュフは加熱や加工をして料理に使用することが多いのに対し、白トリュフは生のまま料理に使用し、味や食感よりも『香り』を味わう食材です。

トリュフ トリフ とりゅふ とりふ 旬

トリュフ トリフ とりゅふ とりふの旬はがあります。

黒トリュフ;サマートリュフ6月~11月/ウィンタートリュフ1~3月
白トリュフ; 10月~1月

トリュフ トリフ とりゅふ とりふの産地

ヨーロッパ、特にフランスのベリゴール産の黒トリュフが最上級とされています。

トリュフ トリフ とりゅふ とりふ 値段 価格相場

イタリア産 トリュフ 固形

俗名ではノルチアの黒(イタリアで最も多く黒トリュフが採集されている村の名前)として知られ、冬に採集されます。日本で知られている最も一般的なトリュフです。フランス料理にもよく使われますが、その量も少ない事から多くをイタリアに買い付けに来ます。イタリア産の黒トリュフは香りが穏やかで、深みの有る味が特徴です。

イタリア産 トリュフ パウダー

1991年創業。トリュフハンターのネットワークを駆使して、上質なトリュフを仕入れ、全てジュリアーノの目で吟味・購入。長年の経験と近代施設を駆使し様々な保存方法を確立し、フレッシュトリュフをはじめ、多くのトリュフ製品を開発、世界各地に輸出しています。

イタリア産 トリュフソース

人気のあるサバティーノ社の黒トリュフソースと白トリュフソースのギフトボックス付きのセット商品です。サバティーノ社の伝統的なレシピを守りつつ妥協を許さないトリュフ商品へのこだわりは、世界中の最高級レストランでも使用されています。

白トリュフオイル

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルをベースに、特選の白トリュフを使用。トリュフの芳香を長く楽しめるよう、独自の製法で抽出させ、エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルにその香りを移しました。
トリュフオイルがお手元にあれば、トリュフの香りを一年中いつでもお楽しみいただけます。

投稿

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Feedly
Send to LINE