Kitchen Infosite

食材の魅力と知識の共有サイト

牛ヒレ肉 ひれ肉 フィレ肉 焼き方 レシピ

799 views
約16分
牛ヒレ肉 ひれ肉 フィレ肉 焼き方 レシピ

ヒレ肉 栄養成分

牛ヒレ肉の栄養成分は可食部100gあたり
「たんぱく質」は、19.1g含まれています。
「亜鉛」は、4.2mg含まれています。

成分名 単位
廃棄率 0 %
エネルギー 207  
861 kJ
水分 64.6 g
たんぱく質 19.1 g
  アミノ酸組成によるたんぱく質 (16.6) g
脂質 15.0 g
  トリアシルグリセロール当量 13.8 g
炭水化物 0.3 g
灰分 1.0 g


ナトリウム 40 mg
カリウム 340 mg
カルシウム 3 mg
マグネシウム 22 mg
リン 180 mg
2.5 mg
亜鉛 4.2 mg
0.09 mg
マンガン 0.01 mg
ヨウ素 μg
セレン μg
クロム μg
モリブデン μg



A レチノール 1 μg
カロテン α μg
β μg
β−クリプトキサンチン μg
β−カロテン当量 Tr μg
レチノール活性当量 1 μg
D 0 μg
E トコフェロール α 0.4 mg
β 0 mg
γ 0 mg
δ 0 mg
K 4 μg
B1 0.09 mg
B2 0.24 mg
ナイアシン 4.3 mg
ナイアシン当量 (8.4) mg
B6 0.37 mg
B12 1.6 μg
葉酸 8 μg
パントテン酸 1.28 mg
ビオチン μg
C 1 mg


飽和 5.79 g
一価不飽和 6.90 g
多価不飽和 0.49 g
コレステロール 66 mg
単糖当量 (0.3) g



水溶性   g
不溶性   g
総量 (0) g
食塩相当量 0.1 g
アルコール g
重量変化率  

%

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

ヒレ肉 ふるさと納税

ヒレ肉とは

ヒレ肉は、フランス語【filet】です。日本ではヒレ,フィレ,関西ではヘレとも呼ばれています。牛や豚の大腰筋の部分のことで、英語ではテンダーロイン【tenderloin】です。 ヒレ肉は、最も運動しない箇所であるため脂身が少なく、きめ細かくて柔らかい肉質が特徴です。1頭からわずかしか取れない希少部位で、中央部のシャトープリアンは最高級部位です。

ヒレ肉 焼き方

牛肉は、65℃以上で収縮し始め、70℃で硬くなります。

レ アrare(英)/bleu(仏):表面は焼けていて、中心部は生で赤い(中心部が65℃以下)
ミディアムレア:レアとミディアムの間
ミディアム:中心部が薄ピンク色(中心部が65~70℃)
ウェルダン:充分に火の通っており、中心部は赤身はない(中心部が70℃以上)

ヒレ肉 ステーキ

ヒレ肉を家庭で焼くとき、フライパンで美味しく焼くポイントです。肉の厚みや、好みの焼き加減によって火を通す時間は変わってきます。

1.冷蔵庫から出す:約30分ほどかけて常温に戻す
2.焼く直前に塩・こしょうをふる:肉から水分が出ないように
3.フライパンを中火でしっかり温める
4.全面焼き色を付ける:肉汁を閉じ込める
5.弱火にて回し焼く:好みの焼き加減にする

ヒレ肉 レシピ

牛ヒレ肉を使ったステーキ丼のレシピです。

<材料> 2人分
ヒレ肉    150g
塩こしょう  少々
オリーブオイル大さじ1
にんにくスライス1片
ステーキソース大さじ2
ご飯     200g 
卵黄     2個

1.ヒレ肉は焼く30分前に冷蔵庫から出す
2.焼く直前にヒレ肉に塩こしょうをする
3.フライパンにオリーブオイルとにんにくスライスを弱火で焼き、色づいたら取り出す
4.同じフライパンにヒレ肉を入れ、中~強火で全面に焼き色をつける
5.好みの焼き加減まで焼いたら取り出し、一口大に切る
6.丼にご飯を盛り、 一口大に切ったヒレ肉をのせ、ソースをかける
7.卵黄を上に乗せれば完成

ヒレ肉 価格相場

投稿

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Feedly
Send to LINE