Kitchen Infosite

食材の魅力と知識の共有サイト

わらび,ワラビ,蕨

2160 views
約4分
わらび,ワラビ,蕨

わらび,ワラビ,蕨とは


明治時代から栽培が始まり、日本全国の山野にある山菜です。全国各地の野山に自生する山菜です。芽出し時には、「さわらび,早蕨」と呼ばれ、葉柄の先に茶色の幼葉が巻き、拳(こぶし)のような姿をしています。

わらび,ワラビ,蕨の特性


ウラボシ科

ワラビ属多年生草本

わらび,ワラビ,蕨の学名

pteridium aquilinum var. latiusculum

わらび,ワラビ,蕨の英米語

bracken

わらび,ワラビ,蕨の調理


生のわらびはアク抜きをします。

アク抜き方法

わらび(蕨)の重さに対して2倍量の水を沸騰させます。わらびを入れて火を止めます。木灰(わらび重量の2~3%)か、重曹(わらび重量の0.5%)をふりかけて軽くかき混ぜます。そのまま落し蓋をして、一晩放置します。流水で流して完成です。アク抜きによって、サイカシンが1/3に減少するといわれています。通常の摂取量で、発がん性はまったく問題ありません。

わらび,ワラビ,蕨のふるさと納税


わらび(生)の栄養成分


可食部100gあたり

成分名 単位
廃棄率 6 %
エネルギー 21 kcal
88 kJ
水分 92.7 g
たんぱく質 2.4 g
アミノ酸組成によるたんぱく質 1.7 g
脂質 0.1 g
トリアシルグリセロール当量 g
炭水化物 4.0 g
灰分 0.8 g


ナトリウム Tr mg
カリウム 370 mg
カルシウム 12 mg
マグネシウム 25 mg
リン 47 mg
0.7 mg
亜鉛 0.6 mg
0.13 mg
マンガン 0.14 mg
ヨウ素 μg
セレン μg
クロム μg
モリブデン μg



A レチノール (0) μg
カロテン α 6 μg
β 210 μg
β−クリプトキサンチン 4 μg
β−カロテン当量 220 μg
レチノール活性当量 18 μg
D (0) μg
E トコフェロール α 1.6 mg
β 0.1 mg
γ 0.1 mg
δ 0 mg
K 17 μg
B1 0.02 mg
B2 1.09 mg
ナイアシン 0.8 mg
ナイアシン当量 1.3 mg
B6 0.05 mg
B12 (0) μg
葉酸 130 μg
パントテン酸 0.45 mg
ビオチン μg
C 11 mg


飽和 g
一価不飽和 g
多価不飽和 g
コレステロール (0) mg
単糖当量 g



水溶性 0.8 g
不溶性 2.8 g
総量 3.6 g
食塩相当量 0 g
アルコール g
重量変化率 %

出典.日本食品標準成分表2015年版(七訂)

わらび,ワラビ,蕨の旬


積雪地方

5月末~7月

その他

4月~6月

わらび,ワラビ,蕨の産地


全国各地

わらび,ワラビ,蕨の値段 価格の市場相場

東京都中央卸売市場

大阪中央卸売市場

2018.平均卸売価格:円/kg

東 京 大 阪
年平均 1087 1416
1月 3052 7873
2月 2155 4529
3月 1423 2493
4月 1392 1244
5月 677 615
6月 542 743
7月 489
8月
9月
10月
11月
12月

わらび,ワラビ,蕨の価格相場

プロフィール

cocoro
おかずキッチンは、
お手軽で簡単に美味しくできるレシピと、
食材の魅力や知識を共有する情報サイトです。

投稿

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Feedly
Send to LINE