少しオシャレに:白菜と鶏肉のクリーム煮
スポンサーリンク

3月も旬の食材を使用した料理

急に寒くなってきたこの時期。鍋で温まるのではなく、あえてクリーム煮で身体を温める。

まだ、白菜の旬の時期も終わってはなく、スーパーなどで大量に安く売られている白菜を使用した、クリーム煮を作ってみました。

クリーム煮と言えば、なんだか難しい料理の様な気がしますが、

切って、炒めて、煮込むだけ!

簡単にご家庭でも出来る料理なのでは?と思いました。

コツなども記載していますので、チャレンジ頂けたらと思います。

用途まとめ

🍚コース         メインのおかず

🍾下準備              15分
🥘調理               15分
所要時間             30分

👫分量              4人分
食材毎の旬
🥦白菜                              11月~3月
🍊しいたけ                            3月~5月
🍖鶏もも肉                              周年

材料

🌱鶏もも肉                  400g
🌱白菜                      1/4個
🌱しいたけ                                          4個
🌱☆水                                  200㏄
🌱☆牛乳(豆乳でも可)           200㏄
🌱☆生クリーム            100㏄
🌱☆コンソメ          1欠(10g)
🌱☆薄口醤油              大1
🌱☆味醂                大1
🌱塩・こしょう(鶏肉の下味用)             少々
🌱小麦粉                少々
🌱サラダ油               少々

盛り付け用

🌱セルフィーユorパセリ    あれば(メモ5)

🌱マークには食材の説明や使用した食材のリンクが付いていますのでご覧下さい。

作り方

 鶏もも肉を一口大に切り、ボールに入れ、塩・こしょうを振って、もみ、炒めるまで置いておきます。

 白菜の芯は、2㎝幅位に切り、葉の部分はザク切りにします。(メモ1)

 しいたけは、石づきを取り、5㎜位の幅に切ります。

 鍋にサラダ油を熱し、鶏肉に小麦粉(メモ2)をまぶして、鶏肉から炒め始めます。(メモ3)

 鶏肉に火が通ったら、白菜の芯を加えて炒めます。

 白菜の芯が軽く炒ったらしいたけを加えて、さらに炒めます。

 しいたけが炒まったら、☆(水・牛乳・生クリーム・コンソメ・薄口・味醂)の調味料を入れ、中火にし、フタをして、5分位煮込みます。(メモ4

 5分位経過したら、白菜の葉を加えて、さらに2分位煮込みます。

 2分経過して、白菜の葉がしんなりしたら味を確認(メモ5)し、器に盛り付けたら完成です。(メモ6)

 

レシピのメモ

📖メモ1 白菜の芯と葉はバットに分けて置くと良い

白菜の芯と葉は、火の通り時間が違う為、今回は下記の写真の様にあらかじめ分けておくと、炒める時に簡単になります。

📖メモ2 小麦粉をまぶす事によって鶏肉がしっとりする。

小麦粉を鶏肉にまぶす事によって、鶏肉の仕上がりがしっとりとする事が出来ます。

つけ過ぎると、逆に鶏肉がぶよんぶよんになる為、小麦粉はうすく付けると良いです。

📖メモ3 ふちに付いた鶏肉も大事なうま味に変わる

焦げすぎも良くありませんが、ふちに付いた鶏肉などは、で調味料を加えて、煮込んでいくと自然に取れて、うま味に変わります

煮込んでも撮れない場合は、木べらなどで取ってあげると良いです。

📖メモ4 途中にアクを取る事を忘れずに

煮込んでいる途中に、フタを開け、アクを取る事によって、鶏肉の臭みを取り除き、美味しくする事が出来ます。

アクを取るのは、1回位で良いかと思います。

📖メモ5 辛い場合は、水でうすめると良い

コンソメは、煮込んでいくと辛くなります。

その為、仕上がりが辛い場合は、水でうすめるか、味醂を少し加えて、味を調整すると良いです。

📖メモ6 パセリやセルフィーユはお好みで

見た目を良くする為に、パセリなどを使用していますが、無くても問題ありません

下記の写真は、乾燥パセリを使用した場合と、セルフィーユを飾った場合のクリーム煮です。

参考にして頂けたらと思います。

乾燥パセリを使用した場合

セルフィーユを使用した場合

また、今回使用した、乾燥パセリは、スーパーなどで売られている物を使用しています。

S&B:乾燥パセリ

スポンサーリンク

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事