鶏肉とかずのこのワサビ和え
スポンサーリンク

4月も旬の食材を使用した料理

torinikukazunokoae

鶏肉と数の子のワサビ和え

おせち料理のよく使われる事から、数の子は通常1月が旬と思われています。

が!数の子の旬は、にしんの産卵期にあたる3月~4月が旬とされています。

また、近年はにしんの不漁により、高級品とされています。

しかし、生から数の子を下処理すると、『たけのこ』同様、時間がかかります。

お惣菜コーナーを見渡すと、実は、ほんのひと手間加えるだけで、さらに美味しくすることが出来、食卓のおかずとして、とても重宝します。

今回は『数の子のワサビ和え』がお惣菜コーナーにありました。

この料理は、少し辛いので、お酒のおつまみとしてはもちろん、少し変わった食卓のおかずとして、ご紹介いたします。

用途まとめ

🍚コース         お酒のおつまみ

🍾下準備             2分
🥘調理              5分
所要時間            7分

👫分量             2人分
食材毎の旬
🥦数の子           3月~4月
🍖鶏もも肉             周年

材料

🌱鶏もも肉                200g
🌱かずのこのワサビ和えメモ1     200g
🌱濃口               大1
🌱サラダ油             小1
🌱刻みネギ              適量

🌱マークには食材の説明や使用した食材のリンクが付いていますのでご覧下さい。

作り方

 鶏肉を一口サイスに切ります。

toriniku

鶏肉はひと口サイズに切る

 フライパンにサラダ油をしき、鶏肉を弱火で炒めていきます。鶏肉から脂が出てきたら、キッチンペーパーなどで脂を取り除きます。(メモ2

torinikuazituke

味付けは特になし

torinikuabura

余分な脂は取り除く

 鶏肉に火が通れば、火を止めます。(メモ3

torinikuhitomeru

鶏肉に火が通れば、火を止める

 が熱いうちに鶏肉をかずのこのワサビ和えを入れ、濃口醤油を加えて混ぜます。

kazunokomazeru

ワサビ和えに鶏肉を熱いまま混ぜる

 器に盛り付けたら完成です。

torinikutokazunokono

鶏肉とかずのこのワサビ和え

レシピのメモ

📖メモ1 お惣菜コーナーの数の子のワサビ和えはこちら

今回使用した数の子のワサビ和えです↓

kazunokonowasabiae

購入した数の子のワサビ和え

また、今回の『数の子のワサビ和え』のみならず、お惣菜コーナーは、そのままでも美味しい商品が多々あります。

しかし、ひと手間加えるだけで、簡単に美味しく料理が出来ますので、色々と試してみるのも良いかもしれません。

📖メモ2 鶏肉の脂があると、和えた時に脂っぽくなる

鶏肉の余分な脂があると、ワサビ和えの良さを消してしまいます。

その為、適度に鶏肉から、出る脂は取り除く事をオススメ致します。

📖メモ3 鶏むね肉でも良いが、パサつく

鶏もも肉と、鶏むね肉は、脂の量がかなり違います。

鶏むね肉を使用する場合は、脂はあまり出ませんが、パサついてしまいます。

その為、脂をふき取ってもジューシーで柔らかく仕上がる、『鶏モモ肉』を使用する事をオススメ致します。

スポンサーリンク

よろしければお友達登録して頂けると嬉しいです。 (通知がうるさい場合は通知オフにしてくださいね)

友だち追加

応援クリックして頂けると日々の更新の励みになります。 1日1回で構いません。よろしくお願い致します。

あなたにオススメの関連記事

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事