Kitchen Infosite

食材の魅力と知識の共有サイト

ホースラディッシュ 山わさび 値段 相場や旬の情報まとめ

6727 views
約13分
ホースラディッシュ 山わさび 値段 相場や旬の情報まとめ

ホースラディッシュ(根茎/生)の栄養成分

ホースラディッシュの栄養成分は可食部100gあたり
「カリウム」は、510mg含まれています。
「ビタミンC」は、73mg含まれています。

成分名 単位
廃棄率 25 %
エネルギー 69 kcal
290 kJ
水分 77.3 g
たんぱく質 3.1 g
アミノ酸組成によるたんぱく質 (2.5) g
脂質 0.3 g
トリアシルグリセロール当量 (0.3) g
炭水化物 17.7 g
灰分 1.6 g


ナトリウム 1 mg
カリウム 510 mg
カルシウム 110 mg
マグネシウム 65 mg
リン 58 mg
1.0 mg
亜鉛 2.3 mg
0.19 mg
マンガン 0.40 mg
ヨウ素 0 μg
セレン 0 μg
クロム Tr μg
モリブデン 1 μg



A レチノール (0) μg
カロテン α μg
β μg
β−クリプトキサンチン μg
β−カロテン当量 7 μg
レチノール活性当量 1 μg
D (0) μg
E トコフェロール α 0 mg
β 0 mg
γ 0 mg
δ 0 mg
K 0 μg
B1 0.10 mg
B2 0.10 mg
ナイアシン 0.5 mg
ナイアシン当量 1.0 mg
B6 0.23 mg
B12 (0) μg
葉酸 99 μg
パントテン酸 0.32 mg
ビオチン 5.5 μg
C 73 mg


飽和 (0.04) g
一価不飽和 (0.06) g
多価不飽和 (0.15) g
コレステロール (0) mg
単糖当量 g



水溶性 0.8 g
不溶性 7.4 g
総量 8.2 g
食塩相当量 0 g
アルコール g
重量変化率 %

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

ホースラディッシュ,山わさび ふるさと納税

北海道 弟子屈町
根は白色でごぼうに似た見た目。繊維が多く、粗めのおろし金ですりおろすと、ツンと鼻に抜ける独特の辛みが感じられます。クリアな辛さで、本わさびの1.5倍くらいの辛さがあると言われています。

ホースラディッシュ,山わさびとは

西洋のわさびのことです。日本のわさびと同様に辛み成分があります。北海道や中部地方では野生化した、ホースラディッシュを見ることもできます。ヨーロッパ南東部が原産で、日本へ明治初期に入ってきました。肉料理や魚料理の香辛料やソースの原料に利用され、一般な粉わさびは、ホースラディッシュの粉を練ったものです。

ホースラディッシュ,山わさびの特性

アブラナ科

セイヨウワサビ属多年生草本

ホースラディッシュ,山わさびの学名

Armoracia rusticana

ホースラディッシュ,山わさびの英語

horseradish

ホースラディッシュ,山わさびのドイツ語

Meerrettich

ホースラディッシュ,山わさびのフランス語

raifort sauvage

ホースラディッシュ,山わさびの別名

わさびだいこん

西洋わさび

レホール

ホースラディッシュ,山わさびの成分

辛味:アリルイソチオシアネート

ホースラディッシュ,山わさびの旬

ホースラディッシュの旬は冬で、12月から3月頃です。

ホースラディッシュ,山わさびの産地

北海道、長野など

ホースラディッシュ,山わさびの値段 価格の市場相場

投稿

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Feedly
Send to LINE