豆腐で作る豆腐のとろとろ卵とじ丼【簡単写真付きレシピ・作り方】

touhunotamagi
豆腐の卵とじ丼

安くて簡単なご飯のお供料理

don

豆腐のとろとろ卵とじ丼

親子丼やカツ丼など、卵とじは多数存在します。今回は、鍋ではなくフライパンメモ1で作る、とろとろ卵とじの作り方です。

また、今回はつゆを少なめで作っており、豆腐でなくても、油揚げなどでも代用出来ますので、ご参考下さい。

調理時間:15 分量:人分

食材毎の旬
🍅玉ねぎ                 周年

材料
🌱絹ごし豆腐(メモ2)         200g
🌱玉ねぎ             1玉(200g)
🌱卵                 3個
🌱卵(メモ3)               1個
🌱☆水                150㏄
🌱☆出しの素            小1
🌱☆濃口醤油            大3
🌱☆味醂              大4
盛り付け用
🌱刻みネギ(三つ葉でも可)       適量

作り方

 玉ねぎは繊維に沿って薄く切りメモ4、豆腐は食べやすい大きさ(一口サイズ)に切ります。

tamanegi

繊維に沿って、薄く切ります。

touhu

豆腐は1口サイズに切ります。※今回は8等分×2等分

 フライパンにで切った玉ねぎと☆の調味料(水・出しの素・濃口・味醂)を入れ、中火にかけ、煮込んでいきます。

nikomu

切った玉ねぎと☆の調味料を入れ、煮込んでいき

aku

あくが出てきたら、取ります。

 玉ねぎが透明になったら、豆腐を加え、溶いた卵(3個分)を回し入れ、すぐにフタをし、弱火で煮込んでいきます。

toumei

玉ねぎが透明に色付いたら、切った豆腐を入れ

tamago

溶いた卵を回し入れ、フタをして1分弱火で煮込みます。

 1分経過したら、フタを外し、別で溶いた卵(1個分)を回し入れ、再びフタをして中火で20秒位煮込み、火を止めます。※フタをした写真はございませんが、フタをして料理をしております。

torotoro

フタを開け、卵1個分を回し入れ、再びフタをして弱火で20秒煮込み、火を止めます。

 器に盛りつけるまで、フタをした状態で蒸らし、熱々のご飯の上に盛り付けたら完成です。

tamago

盛り付けるまで、フタをして蒸らす事によって、よりトロトロな卵とじを作る事が出来ます。

レシピのメモ

📖メモ1 鍋ではなくフライパンで作る方が、卵丼を作るのに向いています。

下記の画像の様に、卵丼専用の『親子鍋』があります。

しかし、親子鍋ですと、多くても2人分まで限界です。

代用品として鍋で作る事が多いですが、鍋は底が深く幅が狭い為、つゆだくにしたい時に向いており、半熟状にはしにくいです。

そこで、活躍するのが『フライパン』です。フライパンは、『親子鍋』と同様に、底が浅くて幅が広いです。

その為、フライパンで作る方がより、お店で作る状態に近く、人数が多い場合も作りやすくなります。

📖メモ2 豆腐からは水分が出てくる為、調味料は濃いめが良い

親子丼や、カツ丼などを作る場合は、肉からは水分が出てくる事が無い為、濃いめの調味料で作ると、仕上がりが辛くなってしまいます。

しかし、豆腐の卵とじ丼を作る場合は、豆腐から水分が出てくる為、調味料も『少し濃ゆいかなと思う位の味付けで作ると、丁度良い仕上がりになります。

※今回は、豆腐丼を作る場合の調味料の分量です。

親子丼などを作る場合は、濃口は大2、味醂は大3の分量で変更して作ると良いかと思います。

📖メモ3 溶き卵を分けて入れると、半熟丼にしやすい

卵丼を作る場合は2回に分けて作る』と言われている様に、溶き卵を1回で一気に入れてしまうと全体が固まってしまい半熟にはなりにくいです。

半熟好きは2回に分けて、固まっていた方が良い場合は1回で一気に入れる。

用途に合わせて、使い分けると良いと思います。

📖メモ4 玉ねぎは用途によって繊維の切り方が違う

玉ねぎは、繊維の切り方によって食べ応えが違う為、料理の用途が違います。

・繊維に沿って切る ➡ 炒め物・煮物などの火を入れる料理

食感が残る為

・繊維に逆らって切る  ➡ サラダ・和え物などの火を使わない料理

tamanegi

やわらかい食感を残す事が出来る

関連レシピ

sa-bisu