しらすと玉ねぎのご飯

釜揚げしらすと玉ねぎの丼めしのレシピ/作り方

sirasutotamanegi

しらすと玉ねぎのご飯

しらす丼にして食べても美味しいしらすですが、玉ねぎを加える事によってボリュームも増して、値段も抑える事が出来る為、オススメです。

調理時間:15分 分量:2人分

食材毎の旬

材料

  • しらす:80g
  • 玉ねぎ:1/2個
  • ☆ゴマ油:大2
  • ☆塩:少々
  • ☆味の素:少々
  • ☆濃口:小2
  • ☆ブラックペッパー:少々

【盛り付け用】

作り方

1鍋に水を入れ火にかけます。

nabe

鍋に水を入れ火にかけます

2玉ねぎは繊維に逆らってうすく切り、塩をふたつまみほどまぶして混ぜ30秒位ほど置きます。(コツ1)

tamanegi

玉ねぎは繊維に逆らって切ります

siowomabusu

塩をまぶして30秒位置きます(コツ1

3鍋のお湯が沸騰したら2の玉ねぎを入れ、15秒ほどサッと湯がいたら、水にさらします。(コツ2)

mizunisarasu

沸騰したお湯に入れ、10秒位したら水にさらします(コツ2)

塩が抜けるまでさらします(試食して確認を忘れずに)

4玉ねぎをよく絞り、しらすと☆の調味料(ゴマ油塩味の素濃口ブラックペッパー)を入れ、よく混ぜます。

sirasu

しらすと☆の調味料を入れ

mazemasu

混ぜます

5熱々のご飯の上に乗せ、パセリ(ネギ)を上に乗せたら完成です。(コツ3)

sirasutotamanegi

しらすと玉ねぎのご飯(コツ3)

6お酒のおつまみとして、そのまま食べてもオススメです。

osake

お酒のおつまみとしても良いです

作る際のポイント

コツ1:塩をまぶす事によって辛味が多少抜けます

新玉ねぎでしたら、あまり辛味が無い為、そのまま使用しても良いですが、玉ねぎには本来辛味をとても含んでいます。

その為、塩をまぶす事によって、辛味を抜く事が出来ます。

今回は茹でる工程を入れている為、置いておく時間が30秒ほどと短いですが、

完全に抜く為には、10分以上置いておく必要があります。

コツ2:玉ねぎの辛味を抜くには茹でるのがとても有効

玉ねぎの辛味をぬく方法では、茹でるのがとても有効かと思います。

塩を先にまぶして置く事によって、辛味が抜けるのを促進させる事が出来ます。

コツ3:ご飯と一緒に乗せる場合は、濃口醤油を垂らすとさらに美味しくなります。

調味料の中に濃口醤油が含まれていますが、ご飯の上に乗せる場合は、別で濃口醤油をかけるとさらに美味しく食べる事が出来ます。

また、お酒のおつまみとして食べられる場合は、記載してあるレシピで大丈夫です。