Kitchen Infosite

食材の魅力と知識の共有サイト

トマトと新玉ねぎの冷製サラダ

85 views
約3分

トマトと新玉ねぎの冷製サラダ

熱さを忘れたい時は、美味しい『冷製サラダ』がオススメです。意外かもしれませんが、トマトの甘酸っぱい味わいと、玉ねぎの味わいがとても良く合います。また、玉ねぎは1年の中で最も甘みが増す『新玉ねぎ』の時期です。簡単で値段も安く済むのでオススメです。

調理時間:15分

分量:4人分

材料

トマト:2個(250g)

新玉ねぎ:1個(100g)

☆サラダ油:大2と1/2

☆酢:大2

☆塩胡椒:少々

☆練りからし:小1/2

料理動画

1分動画です。写真付きレシピと手順は異なりますがご覧ください。

作り方

  • 新玉ねぎをみじん切りにします。
tamanegimiziungiri
新玉ねぎをみじん切りにします
  • 水を沸騰させた鍋にトマトを5秒~10秒位通して、トマトの皮を湯向きします。湯向きしたトマトは一旦冷蔵庫で冷やします。
nettounitoosi
熱湯に5秒位遠し
tometonoyumuki
氷水に取り
tometonoyumuki
皮を剥きます(トマトの湯向き)
  • みじん切りにした玉ねぎをふきんに取り、水気をよく絞ります。
tamanegisarasu
切った玉ねぎは水を良く絞り
  • 水気をよく絞った玉ねぎと、☆の調味料(サラダ油酢塩胡椒練りからし)を合わせて、ドレッシングを作ります。
doresisiingu
☆の調味料を合わせて
  • 皮を取ったトマトを縦に切り、ヘタを取り、器に盛り付けます。
tomatotatenikiri
トマトを縦に切り
  • ドレッシングを上にかけ、ミントの葉っぱを散らしたら、完成です。

ポイント

流水にさらす

生の玉ねぎは硫化アリルという成分を含み、流水でさらさずにサラダにすると、とても辛味です。玉ねぎを生で使用する場合は、一度流水でさらして、辛味を取る事をオススメします。今回は新玉ねぎを使用している為、流水でさらさなくても大丈夫です。新玉ねぎは元々が甘く、あまり辛味がないためです

冷やす

今回の料理は、冷製サラダです。トマトだけではなく、ドレッシングも冷やし、食卓に出す前に冷蔵庫から取り出し、ドレッシングをかける事によって、より美味しく食べる事が出来ます。

とまと,トマト,蕃茄

たまねぎ,タマネギ,玉葱

プロフィール

cocoro
おかずキッチンは、
お手軽で簡単に美味しくできるレシピと、
食材の魅力や知識を共有する情報サイトです。

投稿

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Feedly
Send to LINE
follow us in feedly