油で揚げないナスの煮びたし
スポンサーリンク

油で揚げないナスの大量消費メニュー

ナス

油で揚げないナスの煮びたし

「ナスが大量にあるけどもどうやって調理しよう...」と思ってはおられませんか?

ナスは旬の時期になると、市場に多く出回り大袋で安く手に入れる事も出来ますが、痛みも早く、意外と処理に困る野菜でもあります。

そこで今回は、ナスを簡単に大量消費でき、なおかつ作り置きも出来る「油で揚げないナスの揚げ浸し」の作り方をご紹介致します。

調理時間:20 分量:人分

食材毎の旬
🍆茄子      6月~9月

材料
🌱ナス          3本
🌱☆出しの素       小1
🌱☆水           300㏄
🌱☆濃口醤油              大2
🌱☆砂糖                小1
🌱☆味醂              大2
🌱サラダ油             50㏄
🌱大根おろし           1/4本
🌱小ネギ             適量

※サラダ油はやや多めの方が美味しく出来ます

料理動画

料理動画の長さは1分40秒位です。写真工程よりも分かりやすく作ってみますので、ご覧下さい。

作り方

 ナスの頭を切り半分にし、表面に切り込み(メモ1)を入れていきます。切り込みを入れた後、食べやすい大きさよりも、少し大きめに切ります。

なすの頭

ナスの頭を切り落とします

ナス

ナスを縦半分に切ります

ナス

ナスの表面に切り込みを入れます(メモ1

ナス

ナスを食べやすい大きさよりもやや大きめに切ります

 フライパンにサラダ油を敷き、ナスを皮の方から焼いていきます。(メモ2

ナス

フライパンにサラダ油をしきます

ナス

サラダ油が温まったら、ナスの皮の表面から焼きます(メモ2

ナス

ナスを引き詰めるだけ敷き詰めます

 ナスの表面が焼けたら、全体を裏返していきます。

ナス

ナスの皮の表面が焼けたら裏返します

 ☆の調味料を入れ、中火で沸騰するまで煮ていきます。

ナス

水に出しの素を溶き、加えます

ナス

濃口醤油・砂糖・味醂を加えます

ナス

沸騰するまで煮ます

 沸騰したら、落し蓋をして10分位煮ていきます。10分位煮た後、ナスが柔らかくなっていたら、火を止めます。

ナス

沸騰したら、落し蓋を入れます

ナス

10分位中火で煮ます

ナス

ナスが柔らかくなったら火を止めます

 器に盛り付け、大根おろし、刻みネギを乗せたら完成です。

ナス

油で揚げないナスの煮びたし

レシピのメモ

📖メモ1 ナスの表面に切り込みを入れると、油が中まで浸透しやすくなる

ナスを油は非常に相性が良いですが、今回は油で揚げるのではなく、焼く事になる為、中々、中まで油が浸透しづらいです。

ナスの皮の表面に切り込みを入れる事によって、中まで油が浸透しやすくなります。

また、切り込みをいれて置くことによって、見た目も綺麗にする事が出来ます。

📖メモ2 
ナスの表面は中身に比べて固い為、先に柔らかくしておく

ナスの表面は、中身に比べて固いです。その為、先に柔らかくしておく事によって、仕上がりも柔らかくなります。

要するに、鶏肉を焼く時に、皮目から焼くのと同じです。

まとめ

いかがでしょうか?

油で揚げないナスの揚げ浸しは、火を通している為、日持ちも長いです。

一見すると、ナスは大きい為、処理に困る野菜ではありますが、水分を多く含む野菜の為、焼く事によって容量が半分位になります。

これですと、ナスを大量消費をする事が出来ますし、余分な野菜なども用意する必要はありません。

困った際には、ぜひ試してみて下さいね。

尚、今回の『モロヘイヤと納豆ととろろのネバネバ丼』は、島根県・鳥取県のフリーペーパー『いかこい』に掲載させて頂いております。

株式会社メリット:フリーペーパー『いかこい』

スポンサーリンク

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事