さやいんげんのゴマ和え
この濃さが品質の証です!完全無添加『野草酵素原液 越後の龍』

さやいんげんのゴマ和え

sayaingen

さやいんげんのゴマ和え

副菜の代表である『さやいんげんのゴマ和え』は、とても馴染み深い料理かと思います。

和えるゴマ和えは、ゴマをすり鉢ですりおろすやり方や、フライパンでゴマを炒って香ばしい香りを付けるやり方など様々ありますが、身近な食材で簡単に出来る料理の仕方をご紹介いたします。

調理時間:20分分量:4人分

食材毎の旬/h3>

材料

  • さやいんげん:300g
  • ☆すりごま:大2
  • ☆濃口醤油:大2
  • ☆砂糖: 大1

下ゆで用

  • 水:2000㏄
  • 塩:10g
サンスター 粉末青汁

さやいんげんのゴマ和えのレシピ/作り方

1さやいんげんのヘタを少しだけ切り落ちします。今回は茹でる前に3等分に切り落としていますが、茹でてから切った方が良いです。

sayaingen

さやいんげんに茎のヘタを少し切り落とします。

sayaingen

さやいんげんのヘタを切り落とした状態。

sayaingen

茹でる前に切り落としますが、

sayaingen

切らずに、茹でた後に切った方がオススメです。

2さやいんげんを茹でる為のお湯を沸かし、塩を入れ、再度沸騰したら、さやいんげんを1分から2分程茹でます。

sayaingen

さやいんげんを茹でる為のお湯を沸かします。

sayaingen

さやいんげんの色を綺麗にする為に、塩を入れ、お湯の沸点をあげます。

sayaingen

再び沸騰したら、さやいんげんを入れ1分~2分位程ます。(コツ3)

3茹でたさやいんげんは、すぐに流水あるいは、氷水に落とし、冷まします。冷めたさやいんげんは、絞ると潰れてしまう為、綺麗なふきんなどで、水気を取ります。水気を取ったさやいんげんはボールに入れます。

sayainngen

さやいんげんが茹で上がったら、ザルに取り流水に取り、冷やします。

sayaingen

冷めたさやいんげんは、絞らずにふきんなどで、水気を取ります。

sayaingen

水気を取ったさやいんげんは、ボールに入れます。

4☆の調味料(すりごま濃口醤油砂糖)をボールに合わせ、さやいんげんと混ぜ合わせます。

sayainnogomaae

ゴマ和え用に☆の調味料混ぜ合わせます。

sayaingen

和えたゴマ和えの素と、水気を取ったゴマ和えと混ぜ合わせます。

sayaingen

さやいんげんのゴマ和え

スロージューサーのプロモデル最新型

さやいんげんのゴマ和えを作る際のポイント

さやいんげんを切ってから茹でると、中の豆がはじけてお湯が周りに飛んで危ない

調理を簡単に使用と思い、さやいんげんを茹でる前に切ったのですが、茹でている時に、中の豆がはじけて、勢いで熱いお湯が周りに飛んでしまいました。

その為、さやいんげんを茹でる際は、ヘタのみを切ってから茹でる事を、オススメ致します。

塩を加える事によって、色鮮やかに茹でる事が出来ます。

さやいんげんに限らず、多くの緑色の野菜は『塩ゆで』する事によって、茹でた後の色の変色を防いでくれる為、色鮮やかに仕上げる為に入れます。

また、塩には浸透効果があり、食材を柔らかくしてくれる効果があります。

茹で上がりの確認を忘れずに

さやいんげんは、茹で加減は少ないと、固い仕上がりになってしまいます。

その為、一度茹でている時に、1本ほど取り出し、柔らかくなっているのかを確認するのをおすすめいたします。

小鉢に盛り付ける際は、少量を盛り付けると上品に見えます

もし、色々な小鉢料理を作られた際には、少量ずつ盛り付けると、見た目も美しく見せる事が出来ます。

楽天デリバリー
おすすめ情報