スポンサーリンク

山陰フリーペーパー『いかこい』掲載料理

タケノコと油揚げの炊き込みご飯

4月になると、土から顔を出し旬を迎える『タケノコ

しかし、生のタケノコは、ぬかと唐辛子で炊いていき、冷まして皮を剥きの下処理をするとなると、とても時間がかかります。(生のタケノコは味はとても美味しい

生のタケノコの丁寧な下処理方法は?【写真・動画付き】

に、動画付きで詳しく記載していますので、ご覧下さい。

そこで、どうしてもタケノコご飯が食べたい時は、たけのこの水煮を使用する方法があります。

たけのこの水煮は、保存を長くする為に、加工がされていますが、ぬめりを流水で洗い流す事によって、生のタケノコと同じ様な味わいになります。

また、今回の『タケノコと油揚げの炊き込みご飯』は、島根県・鳥取県のフリーペーパー『いかこい』に掲載させて頂いております。

株式会社メリット:フリーペーパー『いかこい』

下記はレシピ動画です。ご覧下さい↓

用途まとめ

🍚コース           メインのおかず

所要時間        30分(炊く時間は抜かす)

👫分量             4人分
食材毎の旬
🍒たけのこ          4月~5月

材料

🌱タケノコの水煮               200g
🌱油揚げ                         2枚
🌱生米                      2合
🌱☆水                300㏄
🌱☆だしの素                    小2
🌱☆酒                       大3
🌱☆薄口醤油                    大1
🌱☆塩                       小1
🌱☆砂糖             ひとつまみ

盛り付け用

🌱山椒                        適量

🌱マークには食材の説明や使用した食材のリンクが付いていますのでご覧下さい。

作り方

 生米を2合、水で研ぎ、ザルにあげて水を切ります。

米を最初に研いで置きます

 タケノコの水煮は、流水で良く洗い、割りばしなどで白い粉(メモ1)を取ります。

白い粉は気になる場合のみ(メモ1

 タケノコを3等分に切り、軸は3㎜幅位に、穂先は5㎜幅位に切ります。(メモ2

軸はやや細めで3㎜幅位に切る

穂先は柔らかい為、軸よりも太くても良い

切り終えた状態

 油揚げは2枚重ねて、半分に切り、1㎝幅位に切ります。

半分に切り

1㎝幅位に切ります

 おかまに研いだ米、☆の調味料(だし汁・酒・濃口・塩・砂糖)を入れ、一旦スプーンなどで混ぜて平らにします。(メモ3)その後に、タケノコ→油揚げの順に入れ、再び平らにします。

☆の調味料を入れたら一旦平らに(メモ3

上に筍→油揚げの順に入れます

 30分以上置き(メモ4)、スイッチを入れます。

フタをして30分以上置いてから(メモ4)スイッチオン!

 炊きあがったら15分位蒸らし(メモ5)、全体を混ぜます。

炊きあがったら、15分以上蒸らしてから混ぜる

 器に盛り、お好みで木の芽やネギを乗せたら完成です。

お好みで木の芽を乗せて

レシピのメモ

📖メモ1 白い粉は『チロシン』と呼ばれる、アミノ酸の一種

たけのこの内側にある白い粉は、『チロシン』と呼ばれる、アミノ酸の1種です。

『チロシン』には、うつ病・認知症・パーキンソン病などの予防効果があります。

また、特別にえぐみを感じるものではなく、味も変わりません。

見た目に非常に気を遣う場合などは、取り除く事がありますが、基本的にはそのまま食べた方が良いです。

※今回は撮影の為、取り除いています。

📖メモ2 軸は固く、穂先は柔らかい為、切り幅が違う

たけのこは、軸の方をやや細めに、穂先はやや大きめに切る事によって、仕上がりを均等にすることが出来ます。

しかし、あまりにも太さが違い過ぎると、見た目にバラつきが出てくる為、注意が必要です。

📖メモ3 平らにすることによって、炊きあがりが綺麗

調味料を入れ、表面がデコボコした状態で炊くと、炊けている所と炊けていない所が出てきます。

その為、炊き込みご飯に限らず、ご飯を炊く場合は、表面を平らにする事をオススメ致します。

📖メモ4 お米を研ぎ、充分に水に浸している場合は、30分置く必要はない

30分以上置く場合は、今回の様に、すぐに炊き込みご飯を作る場合です。

前日、あるいは、1時間以上前に米を研ぎ水に浸しておく場合は、充分にお米に水が吸収されている為、30分も置かずに、すぐにスイッチを押しても大丈夫です。

📖メモ5 蒸らす事によって、余分な水分を飛ばし、ふっくらを仕上がる

炊きあがった直後の米は、水蒸気がまだ逃げ切っていない為、水分が残っている場合があります。

その為、保温状態にし、15分位蒸らす事によって、余分な水分が飛び、ふっくらとしたお米に仕上がります。

 

尚、今回の『タケノコと油揚げの炊き込みご飯』は、山陰フリーペーパー89号に掲載させて頂いております。

→→株式会社メリット:フリーペーパー『いかこい』

スポンサーリンク

このサイトが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事