Kitchen Infosite

食材の魅力と知識の共有サイト

ちんげんさい 値段 チンゲン菜 1キロ平均269円 相場や旬の情報まとめ

11450 views
約14分
ちんげんさい 値段 チンゲン菜 1キロ平均269円 相場や旬の情報まとめ

As of Jan.3, 2024 Seasonal Vegetable Data
2023(令和5)年11月の東京都中央卸売市場におけるチンゲンサイ1キロ当たり卸値は、
月間平均269円
で取引されています。

チンゲンサイ相場の傾向

2022年 同月比較:↓ 低下傾向
2021年 同月比較:↑ 上昇傾向

※数値は東京都中央卸売市場月報より引用

ちんげんさい チンゲンサイ 青梗菜 値段 価格の市場相場

東京都中央卸売市場における2022年チンゲン菜1キロの平均価格は293円です。
※数値は東京都中央卸売市場月報より引用
(単位:円)

  2021年 2022年
年平均 255 293
1月 331 348
2月 280 360
3月 180 261
4月 197 268
5月 214 271
6月 235 250
7月 249 276
8月 309 332
9月 414 320
10月 232 305
11月 227 273
12月 261 275

チンゲンサイ(葉/生) 栄養

ちんげんさいの栄養成分は可食部100gあたり
「カリウム」は、260mg含まれています。
「β−カロテン」は、2000μg含まれています。

成分名 単位
廃棄率 15 %
エネルギー 9 kcal
36 kJ
水分 96.0 g
たんぱく質 0.6 g
  アミノ酸組成によるたんぱく質 0.7 g
脂質 0.1 g
  トリアシルグリセロール当量 (0.1) g
炭水化物 2.0 g
灰分 0.8 g


ナトリウム 32 mg
カリウム 260 mg
カルシウム 100 mg
マグネシウム 16 mg
リン 27 mg
1.1 mg
亜鉛 0.3 mg
0.07 mg
マンガン 0.12 mg
ヨウ素 Tr μg
セレン 1 μg
クロム 1 μg
モリブデン 7 μg



A レチノール (0) μg
カロテン α 0 μg
β 2000 μg
β−クリプトキサンチン 3 μg
β−カロテン当量 2000 μg
レチノール活性当量 170 μg
D (0) μg
E トコフェロール α 0.7 mg
β 0 mg
γ 0 mg
δ 0 mg
K 84 μg
B1 0.03 mg
B2 0.07 mg
ナイアシン 0.3 mg
ナイアシン当量 0.6 mg
B6 0.08 mg
B12 (0) μg
葉酸 66 μg
パントテン酸 0.17 mg
ビオチン 1.3 μg
C 24 mg


飽和 (0.01) g
一価不飽和 (0.01) g
多価不飽和 (0.05) g
コレステロール (0) mg
単糖当量 0.4 g



水溶性 0.2 g
不溶性 1.0 g
総量 1.2 g
食塩相当量 0.1 g
アルコール g
重量変化率    

出典.日本食品標準成分表2020年版(八訂)

ちんげんさい,チンゲンサイ,青梗菜とは

中国野菜として、認識の強い野菜です。主に肉や魚介類と炒めると、色鮮やかに仕上がり美味しいです。茎は歯ごたえがあり、下ゆでは特に必要なく、アクのない野菜です。葉がしっかりとして胴がしまり、葉先は開いているのが特徴です。

ちんげんさい,チンゲンサイ,青梗菜 特性

アブラナ科

アブラナ属1~2年生草本

ちんげんさい,チンゲンサイ,青梗菜 学名

Brassica campestris (chinensis group)

ちんげんさい,チンゲンサイ,青梗菜 英語

qiug gin cai

ちんげんさい,チンゲンサイ,青梗菜 別名

青軸パクチョイ

チンゲンサイ

青軸

パクチョイ

白軸

ちんげんさい,チンゲンサイ,青梗菜の選び方

鮮やかな緑色の葉で、肉厚で薄い緑色の葉柄の、みずみずしいものが理想です。

ちんげんさい,チンゲンサイ,青梗菜 旬

ちんげんさい チンゲンサイの旬は秋で9月から12月頃です。

ちんげんさい,チンゲンサイ,青梗菜 産地

茨城、静岡、愛知など

ちんげんさい,チンゲンサイ,青梗菜の価格相場

投稿

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Feedly
Send to LINE