タケノコと油揚げの煮物

たけのこと油揚げの煮物の作り方/レシピ

takenokotoaburaagenonimo

タケノコと油揚げの煮物

タケノコは、4月に入って『筍の木の芽焼き』『筍ご飯』『筍と鶏肉のバター醤油焼き』を作りました。

それでもやはりまだまだ、タケノコを使用する料理は多数足ります。

今回は、生のタケノコを下処理してから煮ていますが、もちろん『筍の水煮』を使しても大丈夫です。

生のタケノコの下処理方法

また、煮物は和食の中でも『煮方』と呼ばれるポジションが存在し、

上級のポジションとされている位、難しくも奥がとても深い料理です。

用途まとめ

  • コース:野菜のおかず
  • 下準備:5分
  • 調理:20分
  • 所要時間:20分
  • 分量:4人分

食材毎の旬

材料

  • タケノコ(筍の水煮も可):250g
  • 油揚げ:2枚
  • ☆水:400㏄
  • ☆出しの素:小1
  • ☆酒:大2
  • ☆味醂:大2
  • ☆砂糖:大1
  • ☆薄口醤油:大1と1/2
  • ☆味の素:少々

【盛り付け用】

  • 木の芽:適量

レシピ/作り方

1油揚げは8等分に切り、タケノコは半分を6等分に切ります。

aburaage

油揚げは8等分に切る

takenoko

たけのこ1/2本は6等分に切る

2☆の調味料(水だしの素酒味醂砂糖薄口味の素)を鍋に入れ、一旦沸騰させます。

dasisiru

☆の調味料を入れて沸かす

3,;"> >2が沸騰したら、切ったタケノコと油揚げを入れ、再度沸騰させます。

aburaagetotakenoko

油揚げとたけのこを入れる

4沸騰したら弱火にし、落し蓋をして15分位弱火で熱していきます。(コツ1)

otisibuta

沸騰したら落し蓋をする

nimono

15分以上経過した状態:味を確認は必須!

5器に盛り付けて、木の芽を上に盛り付けたら、完成です。(コツ2)

aburaagenimo

タケノコと油揚げの煮物

作り方のコツ

コツ1煮物を作る際は、途中の味の確認は必須です

レシピの分量に沿って作ったとしても、味が変わるのが煮物です。

また、醤油は火を入れれば入れる程、辛くなっていきます。

その為、最初は醤油は少なくし、10分位経過した後に、再度醤油を足していくと味は決まりやすくなると思います。

コツ2煮物は簡単そうに見えて、実は難しい

正直、煮物は数をこなし、自分のが美味しいと思う味を見つけていく必要があります。

コツ3タケノコの水煮でも大丈夫です

今回は、生のたけのこを下処理した物を使用していますが、筍の水煮を使用しても大丈夫です。

タケノコの下処理方法

たけのこを使用した関連レシピ/作り方